魚一名物 活ホンビノス貝 浜焼き

活ホンビノス貝とは北米の東海岸が原産の外来種で、日本では主に東京湾に棲息しています。
近年、船橋漁港では名産のアサリ以上に活ホンビノス貝が多く水揚げされるようになり、食味の良さと値段の安さが定評を呼び、スーパーでも流通されるようになりました。
現在では「江戸前の新名物」として注目を浴びています。

魚一商店グループでは、千葉直送活ホンビノス貝を原価にてご提供しております。浜焼きでお楽しみください。
※大きさにより値段が異なります。下記値段表をご覧ください。

◆値段表◆

大(100g) 194円(税込210円)
特大(200g) 287円(税込310円)
超特大(300g) 380円(税込410円)

活ホンビノス貝の他にも、青森野辺地漁港から直送された活殻付きホタテなどの浜焼きもご一緒にお楽しみください!

※4月7日付朝日新聞夕刊で、魚一商店グループで取り扱っている「活ホンビノス貝」が紹介されました!
 記事内には、弊社についても記載されておりますので是非ご覧ください。

活ホンビノス貝の記事を読む[PDF]